TOWA 株式会社東和 製作注文家具(学校、病院、老健、複合施設)・オーダーシステムキッチン
株式会社東和
Kitchen & Furniture キッチン$ファニチャー Real Estate 分譲住宅 Housing Construction 注文住宅
建築事例 スタートから完成まで インテリアルホーム仕様 10年保証について インテリアルホームコンセプト モデルハウス
地盤 地盤基礎構造体屋根外壁玄関サッシ外構ドアフローリングカーテン
システムキッチン洗面台収納バスルームアクセサリートイレ照明その他設備仕様書
地盤調査
インテリアルホームは、新築工事の前には必ず地盤調査を実施いたします。
家を支える地盤が弱ければ建物は沈下してしまいます。そのような事がないように、建築前に地盤の調査を行い、下の地盤が新しい建物を長期間支えることが出来る地盤であるか、それとも補強を必要とする弱い地盤であるかを知ることが大切です。
一般には住宅を建てる場合に一番問題になってくるのは、地盤の不同沈下現象です。不同沈下とは、地盤の沈下が土地の一部に発生したり、沈下する速度が建物を建てる場所に異なるときに生じる現象です。
土地の沈下が不均一な為に、その上に立った建物も沈下にあわせて傾いてしまいます。
地盤調査写真 地盤調査写真 地盤調査図
調査方(スウェーデン式サウンディング調査)
この調査は家を建てようとする位置での土の貫入抵抗値を測定し、その硬さ、軟らかさ、または土の締まり具合、あるいは土の層の構成を判定する為の試験です。
試験方法は、100kgの重さが加えられたスクリューを回転させながら地中に貫入して行きます。この時の貫入する深さと貫入してゆく時の回転数を判定して、その結果から地盤の許容応力度が求められます。地盤が強ければ回転数が多くなり、弱ければ少なくなります。
この試験方法の利点は、同一敷地内の多くの地点で調査ができ、住宅を建てた場合に重要な要素となる”地盤の均一性”を把握できることです。
基礎
あらゆる地盤に強いベタ基礎工法を採用しています。
従来の布基礎と異なりベタ基礎は床下全部を厚いコンクリートで敷き詰める工法です。ベタ基礎は面全体で地面を保持しますので、地盤の揺れに強いばかりでなく、地盤沈下にも強度を発揮します。単に「力強い」だけではなく、地面からの湿気やシロアリを防ぐ効果もあります。さらに当社では、床下スリット換気工法を同時に採用しているため床下通風がスムーズになり、腐食なども防ぐ永年耐久の強度を持つ優れた基礎なのです。

基礎図3
基礎図2
地盤基礎構造体屋根外壁玄関サッシ外構ドアフローリングカーテン
システムキッチン洗面台収納バスルームアクセサリートイレ照明その他設備仕様書
Housing Construction
Copyright 2006- (C) Towa Co., Ltd.